【日ナレ】入所前に押さえるポイント!超基本3ヶ条

  • 第一条 日ナレ生として、系列の関連事務所への所属率を最大化する。
  • 日ナレの評価基準を知り、その基準に自分を合わせる→〇
  • 自分の納得できる経験を重視して、努力する→×

実は、日ナレは、演技や発声の上手い、下手は、それほど重要ではないと考えています。
第一線でやっているプロのレベルからすると、新人のレベルはドングリの背比べ状態だからです。

 

生徒のどういう面をみて評価しているか?といえば、一つの課題に対して、どのくらい真剣に取り組めるか?
この姿勢が、将来、関連への所属になった際のその生徒の伸び代と考えています。

 

伸び代のある子かどうか?が、日ナレの評価基準です。

 

すると、講師の先生が自分に合わないので校舎を変えたいと、事務局に相談すると、その時点で、関連事務所への所属の可能性は半永久的に消滅してしまいます。講師の先生が自分に合うよう自分を変えていくことこそが、課題であり、その課題を放棄する発言と取られるからです。

  • 第二条 日ナレ生として声優デビューまでの時間を最小化する。
  • 自分には、声優の才能が乏しいので、才能を補うために真剣に努力する→〇
  • 自分には、声優の才能があると信じて行動する→×

20万人に1人くらいの割合で、才能に恵まれた子はいますし、そういう子が日ナレに入所してくることもあります。もしあなたがそのタイプの子だったとすると、面接からして、扱いが違います。他の養成所にいかないよう、日ナレ自身が必死に入所を勧めてくるからです。

 

特に周囲に内緒で、授業料を免除して特待生扱いします。そういう事実がなければ、凡人だと考えて、真剣な努力を重ねていきます。

 

2chなどでは、真剣な努力をしなくとも事務所の所属になれる子がいるとのスレが目立ちますが、才能のある子の話がウワサとなり、流通しているだけです。自分にあてはめてはなりません。

  • 第三条 日ナレから、講師推薦、事務所推薦で入所オーディションにノミネートされる率を最大化する。
  • 自分にはいたらない点がたくさんあるので、一つ一つの行動そのものに課題があると考える→〇
  • 自分はなんでも、できちゃう力を持つと考える→×

 

ネットでは読めない、才能のかけらさえなかった、声優志望者が、最短で声優デビューへ上り詰めた体験談を読む

日本ナレーション演技研究所 千葉校

2017年10月に日ナレこと日本ナレーション研究所の千葉校が開校になりました。千葉県の南部に位置する館山市や木更津市・君津市・袖ヶ浦市・茂原市・東金市などに在住の声優志望者に門戸を開ける開校です。

 

日ナレHPより

 

2017年10月 千葉校 開校

 

この度、2017年10月より、千葉校を開校することとなりました。
つきましては、「平成29年度・10月生」および、「平成30年度4月生」の募集を開始させていただきます。
働きながら、学校に行きながら通える『週1回クラス』をはじめ、
小学4年生から中学3年生までを対象とした『ジュニア声優クラス』を開設。
千葉方面にお住まいの方にとって、これまで以上に、より通いやすい環境を提供してまいります。

 

 

【最寄駅】
JR千葉駅東口より徒歩5分
千葉都市モノレール千葉駅より徒歩5分
京成線千葉駅より徒歩5分
京成線千葉中央駅西口より徒歩2分

 

【開設時期】 平成29年度10月

 

【開設クラス】 週1回クラス/ジュニア声優クラス

以上日ナレHPより引用

 

声優学校 千葉

声優学校というと千葉の地場の学校では、唯一、千葉学芸高校の芸能コースがあります。歌手・ ダンス・俳優・声優などのパフォーマンス分野を基礎知識から実学まで含めて幅広く学習するカリキュラムを準備して、声優志望者への対応も図っているようです。平尾昌晃ミュージックスクールをはじめ とし,東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校,城 西国際大学,千葉テレビ放送と教育提携を結び,オーディショ ン,実習に参加させているというので、座学で、声優の基礎知識を指導するだけの学校とは異なるようです。

日ナレ 千葉教室でアーツビジョン系の声優事務所へのコネをつくる。

ただし、プロの声優になる確率を最大化するためには、多数の声優事務所とのコネクションを高校生という早い時期からつけていくことが不可欠です。千葉学芸高校は東金市に本校の所在地があるため、学校の授業の終了後に、日ナレの御茶ノ水教室まで通うのもかなりタイトでした。
今回、日ナレ 千葉校の場所が千葉市内の最寄駅が千葉駅という絶好の環境の中で開校しました。千葉学芸高校の芸能コースに通学中の声優志望の高校生諸君の来校を心よりお待ちしております。
↓↓↓
日ナレ千葉校体験のための資料を請求する


日ナレの千葉と総武線沿線の声優志望者

日ナレの千葉校ができたことで、総武線沿線の声優志望者は、御茶ノ水教室や代々木教室とどちらの教室にしたら良いのか迷うところです。
代々木教室では、研修クラスがありますし、週3回コースも開講しているので、置かれた状況によっては、代々木教室に通うことが得策のように思えるふしもあります。
ただし、千葉教室は少人数なので、講師に名前と顔を覚えてもらいやすいというメリットもあります特に、千葉大学の学生さんや、敬愛短大の学生さんで、声優を目指すなら、西千葉駅から、御茶ノ水教室や代々木教室へ移動する時間を自主練に充てるということも、千葉校なら可能になります。
プロの声優になるという目的の手段として、日ナレを選ぶのであれば、日ナレの系列の事務所にいかに最短で登録できるかが課題となります。
この課題の解決策として、千葉校の講師に、顔を売り、講師推薦で所属を勝ち取るという戦略も取りえます。

 

プロの声優になるんだという意識を強く持ち、専門学校の学生の感覚を捨てると、日ナレの千葉の活用の仕方が見えてきます。
日ナレ千葉校体験のための資料を請求する


日ナレのクラスと教室間格差

日ナレ千葉校と代々木教室や御茶ノ水教室といずれを選ぶべきか?という問題は、日ナレの町田校と代々木教室のどちらを選ぶべきかという問題と同じ問題です。前者の問題は総武線沿線ならどちらにもアクセスできますし、後者なら小田急でどちらにもアクセスできるからです

 

日ナレの役務提供の内容に教室間格差があるかという問題で捉えると、代々木教室を選ぶという選択に行きがちです。
日ナレのクラスは、演技クラスや歌や踊りなどのクラスがありますが、三つのクラスを週3回コースでできるのは、代々木教室になるからです。

 

プロの声優になるんだという意識を強く持ち、専門学校の学生の感覚を捨てると、どの教室を選ぶかは、手段に過ぎない問題であることに気付きます。

 

どの教室でも、日ナレの系列の声優事務所に早期に所属するためには、日ナレの評価基準に沿った行動をする必要があるからです。

 

日ナレの評価基準は、置かれた課題に対して、いかに真剣に取り組む姿勢を有しているか?です。声優スキルの上手い下手ではないのです。
声優スキルは、真剣に取り組む姿勢さえあればあとからついてくるスキルだからです。さらに言えば、養成所にいる声優志望者のスキルはドングリの背比べ状態に過ぎず、そこを評価基準とするのは不適切だからです。

 

日ナレ 町田校の演技の週1回の基礎コースに在籍していて、日ナレの評価基準にのっとり、宿題課題を10パターンほど準備して、講師の先生から、指摘された箇所をすぐに修正できるような、真剣な取り組みをしている生徒なら、代々木教室でなくとも基礎クラスから所属にいたる可能性を十分に持っているといます。
同様の問題は、日ナレ 大阪校と日ナレ 難波校・日ナレ 神戸校との間でも生じます。考え方は一緒です。
日ナレ千葉校体験のための資料を請求する


 

 

日ナレ 評判はこちら