日ナレ

 

入所オーディションってどんな感じ?

通過点としての実技なので、オーディションと言うほどの内容ではないかも・・
落とすためのオーディションではないけど、セリフを早口で読ませたり、初心者の方には、難しいと感じる部分があるかもしれない。
実技で失敗したと思えても、自己アピールや質疑応答で、挽回できるので、悲観的にならないこと。

 

 

関連事務所オーディションに受かるには?

進級テストとはどういう関係に立つの?

一年に一度の進級テストの際に、関連事務所の所属オーディションが同時に開催される。
所属オーディションに受からなくとも、進級テストには、合格できる。

 

関連事務所オーディション

一次オーディションから三次オーディションまで、クリアしてはじめて所属となる。

 

一次 オーディション

@オーディション時に明らかにされる当日課題をクリアするか、A講師推薦のある生徒が、一次をクリア。
もし講師推薦が、取れていなかったら当日課題で結果を出すしかない。
講師推薦は、普段のレッスンを、どのように位置付けて、取り組んでいるかによって、推薦の取れる生徒かどうかが決まってしまう。普段のレッスンを声優スキルを得るための場として位置付ける生徒と、講師推薦を得るためのオーディションの場として捉える生徒とでは、推薦を確保できる確率が、天と地ほど異なってくるのである。

 

講師推薦を得るためのオーディションと捉えると、全てを講師基準で考えることになる。レッスンが、終了したあとの後片付けや、レッスンのために、椅子を並べるなどの行為は、声優スキルを習得したいという自己基準での発想ではなく、講師基準で考えてなすべき所作の例である。
事務所に所属して、キャストオーデションに合格すると、声優は、マネージャー抜きで、一人で、現場に行かなければならない。この点が、アイドルと異なるところである。
声優は、現場では、マネージャが本来行うアフレコの会場の場を設定したり、様々な面に、気使わなければならない。そういう素質が、あるかどうかを見ている。
こような細かな所作の積み重ねが、講師推薦を取れるかどうかの、分かれ目となる。

 

 

二次オーディション

二次オーディションは、関連事務所へ自分のプロフィールを作成したりや自己prを行う。
自己アピールとしては、ストレートナレーションを課題として受けた際に、9割を没個性なナレーションにして、残り1割をポップなナレーションを織り交ぜて、緩急高低強弱遠近をつけるなど、地味な課題の中でも、個性をキラリと光らせる何かを見せる工夫が要求される。

 

三次オーディションには、どのくらいの生徒が進む?

二次オーディションで9割の生徒がふるいにかけられ、残りの生徒が3次に進む。
三次オーディションになると、技術で準備するというよりは、等身大の生徒の中に、もともとある輝くなにかを見ようとする審査と考えておくべきかもしれない。
声優スキルとかは、後から訓練次第で、追いつくが、その人が持つ本質的に輝けるものは、訓練されても出てこない。こういう輝きがある生徒は、伸び代があるから、事務所の所属とする。
審査員も事務所の重鎮であり、超ベテランなのである種の動物的嗅覚によって、こういう輝きがある生徒かどうかを見抜く。技術でごまかそうとしても、すぐに見破られる。
基礎科からも3次にまで、ノミネートされる生徒もいる。目安としては、本科に入るまでに、二次に進み、三次のオーディションを一度うけておくこと、研修科に上がる際に三次に合格できれば、大金星である。

 

2次、3次オーディションにノミネートされ審査員から所属を得る率を最大化するには?

  • レッスン時の講師からのダメだしは、声優スキルを獲得するための手段と考える×
  • 講師からのダメだしは、キャストオーディション時の音響監督からの指示への対応能力をテストされている

 

事務所所属になると、配役を獲得するためのオーディション、別名キャストオーディションに一人で、いくことになります。
このときは、誰もアドバイスしてくれません。

 

実は、所属のための2次、3次オーディションで、審査員が見るポイントは、
キャストオーディションやアフレコ現場に出たときの時の音響監督からの指示への対応能力なのです。

 

音響監督からの指示は、きつい表現で、難易度の高い演技を急に要求されることもあります。
そういうときでも、笑顔で前向きに、指示に近い演技を「やってみます」と明るく、やれるかが所属になるための重要な要素なのです。

 

この対応能力は、他の声優スキルと異なり、ちょっとした工夫で日ナレのレッスンの都度に訓練できます。

 

この工夫のやり方を書かれた資料が、実は、日ナレの体験レッスンに出た人か、見学した人だけに無料で渡されていました。
卒業生体験ファイルのような名称の非売品で、資料請求だけでは、もらえない秘匿性の高い資料です。

 

正式名でこのファイルを明かしてしまうと、日ナレに叱られますので、正式名称はオフレコにしておきます。

 

このファイルには、大西沙織早見沙織など、日ナレ出身の大御所声優が、レッスン時に気をつけていたことと、とあわせて、講師の前で、意識していたことが書かれています。

 

この講師の前で、意識していたことこそ、アフレコ現場で音響監督からの指示に、笑顔で的確に対応できる力の訓練につながることなのです。

 

日ナレの体験授業に関しては、資料請求すると、資料の中に校舎ごとの体験日程が具体的に書かれた日程表がはいっています。
そして、その資料の中の体験申し込み書に希望校舎、日程を記入して郵送するながれです。
すると、日時、会場のお知らせが、体験予定日の7日前にご自宅に届きます。

 

日ナレの最寄教室で体験レッスンに参加して、非売品のファイルを入手する!!最新体験日程はこちら

 

日ナレのオーディションで運命を分ける日ごろの考え方!

急いでいるあなたのために3箇条に要約しました。

【日ナレ】入所前に押さえるポイント!超基本3ヶ条
  • 第一条 日ナレ生として、系列の関連事務所への所属率を最大化する。
  • 日ナレの評価基準を知り、その基準に自分を合わせる→〇
  • 自分の納得できる経験を重視して、努力する→×

実は、日ナレは、演技や発声の上手い、下手は、それほど重要ではないと考えています。
第一線でやっているプロのレベルからすると、新人のレベルはドングリの背比べ状態だからです。

 

生徒のどういう面をみて評価しているか?といえば、一つの課題に対して、どのくらい真剣に取り組めるか?
この姿勢が、将来、関連への所属になった際のその生徒の伸び代と考えています。

 

真剣という言葉は安っぽいですが、日ナレの講師は、人を観察することに卓越することで、演技のプロになった俳優や声優さんたちです。
ポーズで真剣さを出しているように見せかけている生徒と、心底から真剣に取り組んでいる生徒をきちんと見極めますので要注意です

 

伸び代のある子かどうか?が、日ナレの評価基準です。

すると、講師の先生が自分に合わないので校舎を変えたいと、事務局に相談すると、その時点で、関連事務所への所属の可能性は半永久的に消滅してしまいます。講師の先生が自分に合うよう自分を変えていくことこそが、課題であり、その課題を放棄する発言と取られるからです。

  • 第二条 日ナレ生として声優デビューまでの時間を最小化する。
  • 自分には、声優の才能が乏しいので、才能を補うために真剣に努力する→〇
  • 自分には、声優の才能があると信じて行動する→×

20万人に1人くらいの割合で、才能に恵まれた子はいますし、そういう子が日ナレに入所してくることもあります。もしあなたがそのタイプの子だったとすると、面接からして、扱いが違います。他の養成所にいかないよう、日ナレ自身が必死に入所を勧めてくるからです。

 

特に周囲に内緒で、授業料を免除して特待生扱いします。そういう事実がなければ、凡人だと考えて、真剣な努力を重ねていきます。

 

2chなどでは、真剣な努力をしなくとも事務所の所属になれる子がいるとのスレが目立ちますが、才能のある子の話がウワサとなり、流通しているだけです。自分にあてはめてはなりません。

  • 第三条 日ナレから、講師推薦、事務所推薦で入所オーディションにノミネートされる率を最大化する。
  • 日ナレは養成所だから、指導してくれて、変化させてくれて、育ててくれる→×
  • 日ナレは自分の課題の解決に近づけるようにヒントを与えてくれる→〇

自分の発声なり演技に対して、自主練のときに、講師がついて、都度、修正してくれる養成所とか専門学校もあります。
でも、このような演技のフィードバックを演技の都度受けていると、異なる場面での演技では、すぐに元に戻ってしまいます。

 

たとえば、気持ち悪いという声の表情を出す際に、講師が、ここに蛇がいることを想像して、声を出してみてとアドバイスしたとします。
すると、生徒はリアリティ―(=それらしさ)をともなった演技に迫る声を出すことができます。生徒も講師もダメだしなしでその場で納得します。

 

しかし、別のシーンで涙がでるほどに嬉しいという声の表情を出す際に、生徒は、頭で意識した嬉しさを演技や声に乗せるため、リアリティ―(=それらしさ)が、出ずにダメだしを受けてしまします。

なぜこういうことが起きてしまうのでしょうか?
その理由は、頭で意識した演技や発声が、人工的で、わざとらしさが、入ってしまい、演技を観たり、聴いたりする人を感動させる力がないということに、生徒の側が気付かないからなのです。

 

たとえば、ものまねで有名なコロッケさんの演技を見ていると、似ている、似てる、面白いな!と感じても、感動することはないです。頭で真似ようとする意識が入っているので、リアリティーのある演技というよりも、似ていて特徴を良くつかんでいるとの演技となってしまうからです。

 

これにたいしては、「講師が、この演技の本質を言語化して教えてくれれば理解できるのに!」と思われるかもしれないです。でも講師そのものが、体で演技を覚えているため、こういうことを言語化できないのです。

 

結局、感情を思い出すシンボルを思い起こすことを通じて、その感情を頭が、ではなく、素直に体が、感情をともなった表現してくれるということに気付いた生徒のみが、別のシーンンでもリアリティ―のある演技ができることになります。

 

生徒の側で、こういう課題に気付けるか?が日ナレで系列の関連事務所の所属になれるか?の分かれ目になります。

 

たとえば、涙が出るほど嬉しいという感情を出すときに、入院中のお母さんが一日だけ遠足の前日に家に戻ってきてくれて、大好きな卵焼きの入ったお弁当を作って持たせてくれたときの、そのお弁当を思い出すと、体が自然と、涙が出るほど嬉しい声を出してくれます。

 

逆に、涙が出るほど、悲しい声を出すときは、かわいがっていたペットが死んでしまったときの、そのペットの亡きがらを思い出します。そして意識して呼吸のテンポを速くします。すると悲しい感情が体を支配してきて、自然と涙がでます。ためしてみて下さい。

 

このような課題に気付き、応用的に演技ができる生徒は、講師や事務局が放っておきません。基礎科に在籍している途中の状況でも、講師推薦や事務局推薦で系列関連事務所への所属がきまります。

 

この本質が理解できただけでも、あなたは、系列の関連事務所への所属に1歩近づいています。

日ナレの入所試験はほぼ全員合格しますが、日ナレ以外の養成所ですと、そもそも入所試験が難しく、合格率は10%前後です。それゆえ、養成所の入所試験を受けるため、声優の専門学校へ、2年間通学します。この間の授業料と入学金だけでもトータルで120万円以上かかります。

 

めでたく日ナレ以外の養成所に入所できたとしても、たとえば青二塾ですと、所属に至れるのは、全体の10%前後です。入所試験での合格率0.1×入所後の事務所所属率0.1=0.01=1%の確率で所属にいたることになります。

 

  • 青二塾 所属率1%
  • 日ナレ 所属率1%
  • ただし日ナレの場合、入所1年目の基礎科の段階で、即所属への道が開けられる可能性があります。

 

日ナレ初年度の基礎科の授業料20万円で、系列の関連事務所へ所属できる可能性に賭けてみる!!

 

問題は、授業時に、生徒ひとりにつき3分間前後の個別のダメだし指導のみしか、確保できない日ナレのシステムで、様々な本質にいかに気付けるか?です。

 

解決策は、授業中の他の生徒に対する講師のダメだし指導をいかに観察するか?にヒントがあります。ネットでは読めない日ナレの送付資料を読むと、この解決策へいたるヒントが書かれているようです。

 

ネットでは読めない、才能のかけらさえなかった日ナレ生が、最短で声優デビューへ上り詰めた体験談付き資料を取り寄せる