日ナレ

日ナレの評判、口コミはそのまま信じるな!

日ナレ,日本ナレーション演技研究所,

@プロの経験を問わずに面接重視で入所でき
A北海道・九州・四国・山陰を除いて主要都市に校舎があり
B月謝も安く
C週1回3時間からレッスンが 土曜、日曜、夜間にも 受けられて
D実績抜群で 優秀な受講生をグループプロダクションに推薦する所内オーディション制度で早期事務所登録ができる、
プロ経験がほとんどない私には、日ナレいいなと思いきや

 

→ネット情報を見ると、a地方の日ナレの事務所所属率が、少ないとか、b生徒数が多いので、面倒見が悪いとか、 c授業時間が少ないとかのネガティブな評判や、口コミが!!!どうしたらいいの?

 

あなたは、こんな悩みを抱いてませんか

 

急いでいるあなたのために3箇条に要約しました。

日ナレで失敗しないための3箇条

日ナレ,日本ナレーション演技研究所,

 

第1条 プロ経験のない、または少ない初心者は、基礎コースの週1回からスタート!
アイドル声優が流行していますが、声優を基軸としたアイドルは、精度の高い歌唱力や、舞踊力までは不要です。
声優が本職のこの人が、ここまで歌えるなんて、凄いと感じるのが、声優ファンの心理ですから、そこまでの力は不要となるのです。
むしろ、初心者が、いきなり声優スキルと歌唱力やダンス力を同時に身につけようとすると、消化不良になります。

 

第2条 入所試験時に、アニメ声優の熱血派などの自分の目指すキャラに拘らないこと。
系列プロダクションでアニメ声優からナレーター声優、吹き替え声優、アイドル声優のどの分野へいっても受け皿が準備されています。
ちなみに入所試験は、面接重視ですので、声優への想いや、なぜ日ナレを志望するのか?を熱くアピールすることです。

 

 

第3条レッスンの曜日・時間は、学生・社会人ともにできれば平日の夜間を選ぶこと。
土日で自主練の時間に充てられるからです。
土日の時間を選んでしまうと、平日に自主練をすることになってしまい、学校や仕事に流されて、十分な自主練の時間が確保できないからです。

 

 

日ナレ最新の評判 体験談はこう読んで参考にする。

どの養成所を使っても同じように生じる問題の評判は、参考にならない。
評判a地方の日ナレの事務所所属率が、低い
ポイント

無理に日ナレの校舎のある地方のみで、日ナレグループの事務所登録しない。

ポイント

地方の日ナレ校舎で東京の系列プロダクションの所属が決まったら、東京へ出るまで、待ってもらう。
地方で関連プロダクションが少なく、東京の系列プロダクションしか所属できなくとも、東京に出るまで、温かく見守ってくれます。

ポイント

この評判・口コミは、日ナレの問題というよりも、声優プロダクションが東京に集中している点の問題といえます。

 

・大学生なら東京の大学の編入を準備する。
・社会人なら、東京への引っ越しと就業先の準備をする。

 

※系列傘下の声優プロダクションだからこそあなたの事情を優先できます。

 

ポイント

東京へ出て、キャストオーディションを受ける。
キャストオーディションを受けるまで、代々木校や御茶ノ水校で、転校して、研修科で今不足しているスキルを習得できる。
各教室運営が直営でかつ連携業務が行われているからこそできることです。

 

ポイント

地元にある他の専門学校から、難関の倍率を超えて東京のプロダクション事務所登録へ合格した場合、待ってくれません。
まったく連携がなされていないからです。

 

評判b生徒数が多いので、面倒見が悪いとか
神経質な人の体験談は参考にならない。

通い始めて半年くらいは1人で帰っていたんですが、レッスンでクラスのみんなと、お芝居を一緒にするようになってから人と関われるようになり、夢のために入ったんだからしゃべらなきゃって思うようになったんです。 →社会人から学生まで、幅広い生徒層がいるので、リーダー的存在の人がみんなをまとめてくれます。

ポイント

自主練仲間を作ること。

ポイント

大学の声優サークルにはいらなくとも日ナレ生の 自主練仲間なら問題なし。

ポイント

公民館などの会場が格安で借りれるのでそこで自主練習すれば場所の問題は解決できます。本当に面倒見が悪いということであれば、みんなが困ることですが、それでも日ナレの生徒数が多いというのは、困らないような仕組みを日ナレが準備しているということです。

 

評判c授業時間が少ない
本質的な問題といえない体験談は参考にならない。
ポイント

声優スキルは座学で知識を習得する要素は、少なく、体で覚える要素がほとんどです。
いわば楽器の演奏に近いものですから、授業時間が多いということは、楽器で練習する時間を確保できなくなることを意味します。

 

なぜ全日制の声優専門学校の授業時間が多いか?といえば文部科学省の専修学校の条件を満たさなければ、認可法人としての許認可が得られないからであり、その条件として、一定の授業時間数が掲げられているからです。

 

ポイント

授業時間の多い、少ないは、声優スキル習得にとって、重要な要素ではなく、レッスンを受けたあとの、自主練にこそ意味があります。

 

ポイント

日ナレでは、レッスン時にグループやペアーを組ませますから、レッスン後の受講生同志のコミュニケーションを図り易くしています。またレッスン時に自主練するときの、やり方(自宅に戻ったら、家に入ったときから、アナウンサーのやる実況中継を一人中継すなど)も教えてくれます。

 

日ナレ内のコースについて

日ナレ,日本ナレーション演技研究所,

声優を目指すという君の人生の課題の解決に日本ナレーション演技研究所

声優を目指すという君の課題は、人生にとって、君のありかたを左右する一大イベント!!
いままでの試練や課題は、努力でなんとか乗り越えてきた君だからこそ、目指せるのかもしれない。

 

声優になるという課題は、とてつもなく奥が深い。ときには絶望の渕に彷徨い、
這い上がれるだけの気力も、失せてしまうほどの、絶望感を
味わうおそれもある。それでも不死鳥の如く這い上がるのが、声優志望者なのだ。

 

声優を目指す君のメンターになるのが、日ナレなのだ。

日ナレのレッスンは、ときに君のもてるものを、そぎ落としても、声優として輝き続ける、普遍的な力を引き出そうとする。

 

日ナレを意識するきっかけは人それぞれである。高校の演劇部に入部したところ、先輩が、日ナレにかよっていたとか、
日ナレのテレビCMが感動的で、テレビを見ていて、ここに入ろうと、思ったとか・・

 

 

声優スキルを身につけるための研修サービスを与えるところは、
劇団や声優専門学校や、さらには、大学の放送関連の学部など、様々な機関がある。

 

他の養成機関よりも日ナレを意識したのは、何故だろうか?

ある生徒は、日ナレが、アーツビジョン・アイムエンタープライズという声優事務所の系列にあり、声優スキルの指導システムやレッスンの情報が、確かであると考えるだろう。
またある生徒は、系列関連の事務所に所属ができる声優養成所として、希望を見出す生徒もいるだろう。

 

中には、仕事をしながら、ないしは大学生をやりながら、さらには、声優科以外の専門学校へ行きながら、日ナレのカリキュラムとその可能性を信じて選ぶ生徒もいるだろう。

 

いずれにしても今この記事を読まれている君は、声優になろうと決意し、計画を立て、声優養成所や専門学校の内容を調べ、日ナレを一つの候補として準備した。
今まさに、日ナレの内容を確認して、入所し、レッスンをスタートしようとしている。

 

2019年度 日ナレ基礎コース 本科コース 研修コース

スタートする前に、確認すること。

  1. 時間の浪費となる要素・課題はないか?
  2. モチベーションが不安定になる要素・課題はないか?
  3. 間違った方向へ行く可能性がないか?

一利用者として、ジュニアコースは保護者として厳しい目でチェックしよう。

 

日本ナレーション演技研究所(日ナレ)コース

日ナレのコースは基礎科、本科、研修科の3段階の習熟度別にクラスが分かれています。
それぞれのクラスで週1コース(演技)と週3コース(演技・歌・・ダンス)があります。

基礎科
本科
研修科
演技週1回コース/演技・歌・ダンス週3回コース
演技週1回コース/演技・歌・ダンス週3回コース
演技週1回コース/演技・歌・ダンス週3回コース

 

日ナレのレッスン内容について

基礎科

@初心者向けの基礎科は、声優になるための入門コースです。
A基礎科で行われる日ナレ体操」と呼ばれる体操は、演技をする上で必要な身体のストレッチや発声など身に付けることを目的としています。
B日ナレ体操で体をつくり、その後、「外郎売」や「あめんぼあかいな」などで滑舌練習をおこないます。B発声の基礎ができると、エチュードと
呼ばれる即興劇を用いて、いよいよ演技へと挑戦していきます。台詞の朗読もこの段階で行います。
本科では引き続き、滑舌や発声などの基礎練習を行います。それに加えて、舞台の台本を使ったレッスンがあります。
これは舞台として1本仕上げて発表するわけではなく、声の芝居といえども声だけで演技をするのではなく、身体の動きの伴った演技が必要だということを学ぶためです。

 

 

本科

@本科コースでは、滑舌や発声などの基礎練習を行います。
A基礎を土台に、舞台の台本を用いて、舞台演技をします。
B声のみではなく体を実際に動かします。声優の声は、舞台で、遠くの観客に向かって声を出す方法と似ているばかりか、
元来、人間の声というものは、体の動きに応じて、頭脳ではなく、体そのものが、心と一体になって出すものだからです。
マイクを使った、アニメのアフレコとかは、このクラスでは、行いません。基礎コースや本科コース
で所属が決まって生徒は、研修コースへ上がって、アフレコのやり方などを勉強します。

 

 

研修科

@研修科コースでは本科コースまでの基礎力完成を踏まえて、実際に現場へ出た時の、実戦的内容を学びます。
Aアニメの映像と台本を使ったアテレコレッスンも行います。教室にマイクを立てて演技をするので、実際に現場に出たらどうすればいいのか、
B例えば、音を立てずに台本のページめくるにはどうしたらいいのか、雑音を立てないように歩くには、どうするのか、
服が擦れあう音はしていないか、背が低い人はどんな音を立てないハイヒールを選べばいいのかなど、現場での実戦的な立ち回りを指導します。

 

 

 

 

品質がよくとも相性の問題
講師と相性が合う合わないの問題
授業のやりとりで 上から目線 自分に共感してもらえない。
h4あたり
h4はずれ
ペイン 体裁 クラスの中でできないやつと思われる。自主練でチームを組む際に不利。
生徒が起こす共通の原因 芝居は声優も含めてダメ出しされてナンボ。ということを知らない。

 

眠れなくなるほど心配なこと 相性が合わない講師と一年間やっていく自信がなく中途退会してしまうこと。

 

 

 

日ナレ 卒業生

日ナレ卒業生というキーワードと絡める。

 

日ナレの歴史
沿革
カラー
サービス業か教育業か

 

日ナレ 代々木

日ナレ 大阪

日ナレ 名古屋

日ナレ 評判

講師の教室間格差
オーディションの教室間格差

 

 

日ナレ オーディション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日ナレ内の進級審査について